season-季節- TREND-トレンド-

2017年お彼岸の入りはいつ?おはぎにお墓参りは?【画像】

投稿日:

お彼岸の入りはいつ?おはぎにお墓参りは?【画像】

お彼岸に入ると彼岸花も咲き、空気も一気に秋のモードになります。

そんな今年2017年のお彼岸の入りですが、9月20日(水曜)なんです。

お彼岸にはどんな事するの?お墓参り?おはぎは必要?など...

お彼岸に関する事を紹介していきます!!

お彼岸の入りはいつ?おはぎにお墓参りは?【画像】

お彼岸とは?

お彼岸(おひがん)

お彼岸だからと言って、特別何かしなくてはいけないという決まりはとくにはないそうなんです。
どのようにすごしたらいいのか、簡単に紹介します。

  • お墓参り(納骨堂を清める)
  • 仏壇・仏具を清める
  • お供え物は季節に合わせて用意。お彼岸といえば、『おはぎ』『ぼたもち』『落雁(らくがん・砂糖のお菓子)』をお供えします
  • 彼岸入りから御先祖様や家族を思う時間を過ごしましょう
  • お彼岸入りから自身の修行期間

六波羅蜜(ろっぱらみつ)・6つの徳目
6種の修行~菩薩が涅槃(ねはん)に入るための六つの徳目~

  • 布施(ふせ)
    完全な恵み・施し(ほどこし)
  • 持戒(じかい)
    戒律を守り、自己反省する
  • 忍辱(にんにく)
    完全な忍耐
  • 精進(しょうじん)
    努力の実践
  • 禅定(ぜんじょう)
    心作用の完全な統一
  • 智慧(ちえ)
    真実の智慧を開現し、命そのものを把握する

なんとなく過ごしていたお彼岸も、実は意味を知るととっても奥深いものだったんですね!

お彼岸に咲く彼岸花(ヒガンバナ)

彼岸花(ヒガンバナ)の花子言葉

『情熱』『独立』『再会』『あきらめ』『転生』『悲しい思い出』『思うはあなた一人また会う日をたのしみに

彼岸花は見た目のその美しい真っ赤な色から、『情熱・思うのはあなた一人』という花言葉ができたそうです。

お彼岸入りみんなはどうやって過ごすの?

-season-季節-, TREND-トレンド-

Copyright© 気になる芸能報道部 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.